NPO法人ぽたらか・野宿者協同組合ぽたらか

 

◇ 【カンボジアで貧しいお年寄りのために老人ホームを作りたい!】クラウドファンディング


 プロジェクトに多数のご支援ありがとうございました。おかげ様でクラウドファンディングが成立いたしました。
実は正直、締切日も間近になり『ああ、もうどうせ完遂しない。見ず知らずの方々が支援してくれるわけない。』と弱音を
吐いてしまったのです。
そこへ、クラウドファンディングのプロジェクトを数多く支援している方々から、励ましやらお叱りやらの言葉とともに続々と 支援が集まってきて、やめようにもやめられず(ごめんなさい)とうとう完遂してしまいました。毎回、支援してくださる従来の 会員様もありがたいですが、こうやって私の夢に一緒に乗ってくださる方が多いことに本当にうれしく思います。
 カンボジアの老人ホームは今、台所の増築部分にとりかかっているところです。カンボジアは元々資源の豊かなところでしたが、 木を伐採しても植林というものをしないため、木材がなくなりました。ですから、木より鉄筋の方が安いのです。その鉄筋もほと んど輸入です。しかも、昨今の小学校建設ブームに乗り、建築資材が高騰し、人件費は安くてもどうしようもありません。 ですので、当初は150万円と見積もった総工費が、ついに200万円を超えてしまいました。。。
 しかし寝床を求めて続々と集まってくる、じいちゃんばあちゃんたちを失望させるわけにはいきません。さて、少々無理をしま したが、なに、私が死ぬまで、働けば済むことです。目的があって稼ぐという事は楽しいことです。
 クラウドファンディングでは、大口の支援者様の氏名をホームページのトップページに掲載するよう決 まりがあるということで、ここに掲載させていただきます。皆さまの貴重な御支援に小口大口の線引き はしたくないのですが、、、トップページに掲載できなかった方ごめんなさい。

    神戸    真星病院 様  100,000円    三重    岩下義明 様   50,000円
    宮城    立花聡美 様   50,000円    水戸     命照寺 様   30,000円
    横浜    杉本貴子 様   20,000円   西東京市   桜田邦彦 様   20,000円
    東京    関根寿美 様   20,000円

  【カンボジアで貧しいお年寄りのために老人ホームを作りたい!】の経費と支援者様一覧はこちらをご覧ください。
 

◇ ぽたらかカンボジアプロジェクト完成


 これがカンボジア流に金色になって、正面に直径1mのチーク材にダルマチャクラが取り付けられ、 屋根はヤシの葉で、中は木のベッド(5人は余裕で横になる)それが全室2つずつ。

そんな部屋が4部屋。じいちゃんの部屋とおばあの部屋とあとはゲストの部屋が2つ。 始めは竹で編んだ木の家にしようと思っていて、50万もあれば足りるかとタカをくくっていたけ れど、トンレサップ沿いのここは雨期になると水浸し。

木では5年ももたないということで、急遽 鉄筋にしたため、3倍の建設費がかかった。
そこで、クラウドファンディングを始めます。カンボジアの孤老が身を横たえる場所と、どんな 環境においても底抜けに明るいカンボジアの人々にあなたも癒されてみませんか?アンコールワット だけじゃないカンボジアも来てみて!
ご寄付をお願いします。窓からマンゴーちぎって食べ放題付きゲストハウス無料宿泊サービス!


 カンボジアから

 カンボジア・プノンペンからトンレサップ川沿いにR130を北上したら、アンコールワット を模したこんなお寺が。まだ出来立てで住職も若く、信者も少ない。だからこそ、無料でプテアハ ジェイジェイ(おばあの家)を境内に建設することを快く 承諾してくださったのです。おばあだけではなくおっさんも必要です。というのは、カンボジアの男性の平均寿命は50歳です。ポルポト時代に生き残った少年 兵は今50代のおっさんですが、多くは最底辺の貧困者で...続きはこちらから

     

 共同墓地が無事完成しました。

 孝道山様、中嶌哲演様、大田紀子様、大和田匡子様そして仏教タイムスのみな様。 この度は、ご協力いただきましてありがとうございます。 そして、墓地を提供してくださった命照寺様、貴重な真壁石とその加工代を提供してくださった石の匠様。 「孤独死で亡くなられた方、いえ、多くの人が孤独死に決してならないよう ぽたらかで頑張っていただければ、それでけっこうですよ。石匠さんもそれを願っておられます。」 と、命照寺清水住職はおっしゃっていただきました。只々、こういった方々の温かいお気持ちに感謝感謝です。現在、20名の仲間が納骨されています。きっと、楽しくぽたらかの思い出話でもしてるんでしょうね。表には『ぽたらか塚』裏には『野宿者協同組合ぽたらか』と刻まれています。

     
 ◇ 群馬県【月音山明言寺】様ならびに【こぶ観音救援基金】 様より御寄付をいただきました。ご支援に厚く
   御礼申し上げます。

 ◇ テレビ東京ゆうがたサテライトに孤独死に関して、ぽたらか葬のもようが取り上げられました。

   ◇ 遺体感染予防管理士二種

  遺品整理・特殊清掃・葬祭業専門職に従事する人のための資格を代表の平尾が講習を修了し10月6日に
  取得致しました。ご遠慮なくご相談ください。
   担当  平尾

◇ ぽたらかだより
 
  ◆11月に入り冷え込んでまいりました。ぽたらか寮では来る冬に
備え、おじいさんたちに温まってもらおうと、お風呂の大改修中です。

改装中だったお風呂もようやく完成。一番風呂は利用者様のなかから、
じゃんけんで勝ち抜いた鵜〇さんに決まり浸かっていただきました。

これも皆さまのご支援の賜物です。ぽたらかの活動を応援していただ
けるかたをお待ちしております。

入会金3,000円 年会費3,000円
郵貯銀行10000-97701961 トクヒ)ストリートワーカーズコープポタラカ
他金融機関からは 店番008普9770196

 

◆あの日から5年、未だに行方不明者三千人、または身元の判明しないご遺体が 百人、東北大震災の爪痕は決して薄くなっていません。昨年末、三千体の土仏を雪が降る前にと、 ぽたらかのみんなで慰霊塔をこしらえ、いわきにある福島ぽたらか庵に設置しました。大工の白戸さんが蓋つきの大きなコンクリートの箱をこしらえたので、「底は大地と接していなければい けない。穴を開けて!」という代表の無茶な注文に屈せず、白戸さんがドリルとカッターで 穴を開けてくれました。
 蓋には『夢は今も巡りて 忘れがたし ふるさと』と指で書いてあります。
行方不明の御霊も早くご先祖様のところへいかれますように。 平尾 弘衆

 人によって活かされ、人を活かす存在、それがこの世に生を受けたすべての 生きとし生けるものの存在だと私たちは思うのです。
 私たちは、雇うもの雇われるものもないという労働者協同組合の理念をもとに、 路上生活者の「技能取得」「生活困窮者の宿泊所運営」「身寄りのない方の お見送り」「難民認定申請者支援」などの事業を全力をあげて行っております。
 一方的な支援を受けてばかりの社会的弱者の地位を甘んじてはいられないと 私たちは考えるのです。
 もちろん、支援は各々の自立への第一歩です。持ちつ持たれつの利益を生み出さ なければ意味がありません。自己犠牲ではなく、自利利他の精神です。

  • サポーター会員募集! ぽたらかの活動に協賛していただ けるかたをお待ちしております。 入会金3,000円 年会費3,000円 郵貯銀行10000-97701961 トクヒ)ストリートワーカーズコープポタラカ 他金融機関からは 店番008普9770196

  • ぽたらかロゴ

〒131-0041 東京都墨田区八広6-1-8 野宿者協同組合 ぽたらか
    TEL 03-3610-9155 FAX 03-3610-9156   代表 平尾 弘衆
    E-mail:potaraka21@gmail.com

inserted by FC2 system v> inserted by FC2 system >